Column

コラム

夫婦関係がうまくいかなくて悩んでいる方は多いです。

本当は助けを求めているのに、「助けて」の一言が言い出せずに溜め込んでしまう…ということはありませんか?(´・_・`)

今回は、夫と話したくない時に妻が取るべき対応ついてお伝えします☆

 

 

「軽い雰囲気」を作る

 

夫婦関係がうまくいかなくなる原因の1つは、コミュニケーション不足です(>_<)

夫と話さない時間が長くなると、相手の考えていることが分からなくなります。

それが喧嘩や言い争いに発展してしまうんです。

「話したくない!」と思った時、「この人さえ変わってくれれば…」と思いながら接していると、その気持ちがどんどん大きくなってしまいます(T_T)

もし夫婦の会話を増やしたいなら、「あなたと話したい」という歩み寄りの気持ちを持った方がうまくいきますよ(^^)

また、険悪ムードになった時はなるべく「軽い雰囲気」を作ることを意識してみてください。

例えばイライラモード全開で心配そうな面持ちで近づいて話しかけるより、ニコニコしながら「ごめんね〜」と言った方が仲直りしやすいです♪

仲直りそのものが重いものになってしまうと、後々それが2人の関係をシラケさせてしまうことがあります(;ω;)

大切なのは喧嘩をしないことではなく、仲直りした後にどんな対応をするかということです☆

 

 

「結婚したらそれで安泰」というわけではない

 

ちょっと厳しい言い方に聞こえるかもしれませんが、「結婚したらそれで安泰」というわけではないんです…。

幸せというのはそこに用意されているものではなく、作っていくもの(*^_^*)

働いたり、家事をしたり、貯金をしたり、話し合ったり。

これらを夫婦2人で作って守り、少しずつ少しずつ大きく育て上げていくものです☆

「幸せな人生を送りたい」「幸せになりたい」と願うことはすごく大切なので、その気持ちはぜひ持ち続けてくださいね♪

だからこそ大事に大事に育てて守っていく必要があるんです。

これは自分の力で幸せを築いた人にしか分からないことかもしれません(^^)

「夫と話したくないから、話しかけられるまで待つ」

「声をかけられても返事したくないから、無視をする」

それもいいと思います。

なぜなら、その対応で精一杯の時もあるはずだからです。

ですが、一方的に「幸せにしてね」と夫にお願いするのではなく、2人で一緒に幸せな関係を作ることの重要さもぜひ知っておいてほしいなと思います(o^^o)

 

 

言ってはいけないことは言わない

 

もしかしたら「夫と話したくない。でも話したい…」という葛藤を抱えている方もいるかもしれません。

そして、なんでも言い合える関係が理想の夫婦の形だと考えている人も多いと思います(T_T)

もちろんその考えも正解なのですが、夫婦だからこそ親しき仲にも礼儀ありという言葉も頭の片隅に入れておいてくださいね♪

たとえ夫婦であっても言ってほしくないことはお互いに持っていて、それを知るために結婚生活を続けている部分もあるからです。

長く続く関係というのは、言ってはいけないことを言わない関係のことなのかもしれません。

だからこそ安心感が生まれ、感謝が生まれ、信頼が生まれます★

何を言うかより、何を言わないか(^_^)

これが大切なのですが、それを完璧にやろうとするとストレスが溜まってしまいますよね。

 

 

「夫の気分は夫の問題」と割り切る

 

夫婦関係が悪くなっても、次の日には気持ちを切り替えて普通に生活できる人も、中にはいます。

一方で、不安や恐怖からどんどんストレスを抱えてしまう人もいます(>_<)

この2人の違いは、物事への捉え方なんです。

気持ちを切り替えられる人は、「夫の気分は夫の問題」と割り切ることができます(^^)

ストレスを抱えてしまう人は、「自分の責任だ」と思い込んで落ち込んでしまいます。

ちょっと難しい言い方をすると、あなたが不安を感じたり恐れているのは、目の前の夫ではなく「過去の葛藤」なのかもしれません(´・_・`)

例えば、兄弟や親との葛藤の記憶が重なっていることがあるんです。

幼い頃に兄弟や親から話を聞いてもらえなかったり、無視されて傷ついたという経験はありませんか?

例えば、「私は自分の話をしても聞いてもらえないダメ人間なんだ」と思っている人にとって、夫から無視されたりコミュニケーションが減ることは、「自分はダメな人間なんだ」という考えを刺激する体験となってしまいます(>_<)

そうすると「ほら、やっぱり私って自分の話をしても聞いてもらえない、ダメ人間なんだ」と考えて、どんどん落ち込んでしまうんです。

夫婦関係がうまくいっていない時に不安や落ち込みを感じやすい人は、目の前の夫の態度によって左右されるというよりも、もともと自分が持っている考え方によって左右されている場合が多いということなのかもしれません(;ω;)

特に何も悪いことをしていないのに夫が不機嫌なのであれば、それは夫自身の問題と割り切っていいでしょう。

 

 

淡々とやるべきことをやる

 

過去の葛藤が重なっているということが分かれば、やるべきことはとてもシンプルです☆

もし「夕飯どうする?」と聞いても無視してくるなら、とりあえず夕飯を作っておけば間違いありません。

「いらない」と言われたら、「そう、分かった」の一言返事で終わらせましょう(・_・)

そして、戸をバタン!と閉めたり、ため息を繰り返すようなら「ちょっと出かけてくるね」と伝えてみてください。

こんな風に対処法をいくつか用意しておくことで、夫の態度に振り回されなくなり、気持ちが楽になります(*^^*)

 

 

今お話しした対処法では対応しきれないという方は、自分にとって適切な味方を探すことをおすすめします☆

まずは自分の気持ちを聞いてくれる人に頼りましょう。

夫に恐怖を抱いたり将来に不安を感じた時は、

「私が今こうやって怖くなっているのは、過去の経験から自分の考えに偏りが出てきているからなのかもしれない。

本当に怖がっているのは、夫じゃなくて自分の思い込みや先入観の方なんだ。」

と考えてみてください♪

そうすることで冷静に状況を判断できるようになりますよ。

ぜひ今回の内容を参考にして、結婚生活におけるストレスをうまく発散してくださいね(^_^)

 

 

オンラインカウンセリング Close To You.

☆ 話す(ビデオ・電話)カウンセリング

☆ 書く(メール)カウンセリング 

☆ 性格改善プログラム

 

『好きな場所・好きな時間に相談出来る』

オンラインカウンセリング Close To You.~クロストゥーユー~