Column

コラム

《幸せな結婚生活を送るためにできる3つのこと》

 

シンデレラなどのおとぎ話では「王子様と結婚して、幸せに暮らしました」で終わります。

しかし、現実での結婚は「ゴール」ではなく「スタート」ですね!(^^)!

「結婚さえすれば、自動的に幸せになれる」そう思っている人はいないでしょう。

環境も性格も違う2人が、一緒に幸せな家庭を築いていくためには、お互いの努力が必要です。

今回は幸せな結婚生活を送るために、「ときめきは3年で冷める」「一緒に楽しく過ごすための努力をする」「してほしいことは言う」「結論から先に言う」ことをお話しします☆

 

《ときめきは3年で冷める》

 

「恋愛ホルモン」と呼ばれているホルモンがあります。

その代表的なホルモンはフェニルエチルアミン(PEA)、エストロゲン、エンドルフィンです( *´艸`)

エストロゲンは分泌量が高まると、お肌がつやつやになり、女性らしい曲線美を作ってくれるのだそう(#^^#)

「あの人、恋をしてきれいになったね」と思う人はいませんか。

きっとエストロゲンの効果なのでしょう。

エンドルフィンは幸福感や居心地の良さを感じるホルモンです。

「この人といると落ち着く」「一緒にいると心地よい」そういう感覚を与えてくれます(*^^*)

フェニルエチルアミン(PEA)は恋愛の初期に多く分泌されて、判断力を鈍らせる働きがあるそうです。

このホルモンは「ときめきホルモン」とも呼ばれていて、恋愛初期のあの「ドキドキ」を感じる働きをします。

しかし、3カ月~3年ほどしか分泌されないのだそうです( ゚Д゚)

そのため、恋愛は3年で冷めると言われているのでしょうね。

 

 

《一緒にいることが当たり前だと思わない》

 

フェニルエチルアミン(PEA)が分泌されなくなったら「ときめき」がなくなります。

今までパートナーと一緒にいるだけでドキドキして嬉しかったのに、それがなくなってしまうなんて(>_<)

どんなに大好きな人と結婚したとしても、一生「ときめき」が続くわけはありません。

それからどうするか、が今後の結婚生活が楽しくなるかどうかを左右します!(^^)!

お互い、一緒にいることが当たり前になり、何のありがたみも感じなくなり、何の努力もしなければ、結果は目に見えていますよね。

逆に、お互いをいたわり合い、相手のことに関心を向け、感謝の言葉を伝え合っていると、いつまでも居心地のいい関係が築けます。

楽しく過ごすためには、やはり努力が必要です☆

 

《してほしいことは素直に伝える》

 

言わなくても察してほしいですよね。

こちらが不機嫌そうにしていたらいち早く察して「どうしたの?大丈夫?」と言ってほしい。

夕食を作っていたら、テーブルに並べられるように、言わなくてもテーブルを片付けてほしい。

「どうして私がいちいち言わないといけないの?ちゃんと察して動いてよ」そう思いますよね(^-^;

しかも、「私はちゃんとあなたの気持ちを察して動いているのだから」とも思います。

しかし、これは無理な話です。

あなたが何を考えているのかは、あなたにしかわかりません。

察してほしいとイライラする前に、してほしいことを相手に伝えましょう。

その方がより正確に伝わり、イライラもしなくなります!(^^)!

また、「落ち込んでいるときに慰めてほしいけれど、それを私からいちいち言うのが嫌」などの場合は、先にルールを決めておくことをおすすめします。

例えば、「『落ち込んでいるの』と伝えると、必ず抱きしめて背中をトントンすること」はいかがでしょうか。

ほかにも、「『今日イヤなことがあったの』と私が言うと、『大丈夫?僕がついているよ』と優しく声をかけること」などもいいかもしれません(*^^*)

自分が不機嫌なときは構わないでそっとしておいてほしいと思う人もいます。

そういう人は「私が不機嫌な場合は、放っていて」と、先にパートナーに伝えておきましょう。

 

 

《結論から先に言う》

 

男性の脳は結論を重視します。

女性の脳はプロセス重視です。

この脳の違いが、コミュニケーションのときにすれ違いを起こします(>_<)

プロセスを重視する女性脳は今日あった出来事の発端、経緯、登場人物の行動や感情など些細なことまでパートナーに伝えようとします。

目的は共感してもらいたいからです。

しかし、男性は結論が見えない話は苦手です。

女性の話を聞きながら「結論は何だろう」と探し、いつまでも結論にたどり着かない場合、イライラします。

ですので、もしただ共感してもらいたいだけのときには「アドバイスを求めていない。共感だけしてほしいの」と言ってから話を始めましょう(^^)

何か問題があって、そのことを話し合いたいのならば、先に結論もしくはその会話の目的とポイントを伝えます。

例えば、「子どもの保育園のお迎えについて話があるの。

ポイントは2つ、何曜日に誰が行くか、当番の人が急な残業になった場合はどうするか」。

すると男性側は今から何の話し合いがなされるのか、そのポイントは何かというのが事前にわかるのでとても話ししやすくなります。

 

 

《クロストゥーユーはいつもあなたのそばにいます》

 

今回は幸せに結婚生活を送るためにできることをお話ししました。

「でも、我が家の場合は違うパターンなの」や「ほかの方法はない?」という場合は、クロストゥーユーにご相談ください。

夫婦関係の相談の得意なカウンセラーが多数在籍しています。

何か悩みがあれば一度お話しだけでも聞かせてください☆

 

 

 

オンラインカウンセリング Close To You.

☆ 話す(ビデオ・電話)カウンセリング

☆ 書く(メール)カウンセリング 

☆ 性格改善プログラム

 

『好きな場所・好きな時間に相談出来る』

オンラインカウンセリング Close To You.~クロストゥーユー~