Column

コラム

《人間関係で悩みやすい人の3つの特徴と気が楽になる3つの方法》

 

人間関係の悩みは、私たちの悩みの中の大きな部分を占めていますよね(>_<)

かといって、同じ出来事があればみんなが同じだけ悩むということもなく、人によって受け止め方が違います。

受け止め方が違うだけでなく、考え方も、何か刺激が起こったときの反応も人によってさまざまですね。

そのような違いによって、人間関係に悩みやすい人とそうでない人がいます。

そこで今回は、人間関係で悩みやすい人の3つの特徴と、気が楽になる3つの方法を紹介します☆

 

 

《人間関係で悩みやすい人の3つの特徴とは》

 

人間関係で悩みやすい人には、ある共通した考え方があります。

 

それが

・人の評価が気になる
・NOが言えない
・自分の考えに固執している

という特徴です。

 

この3つはある程度誰でも持っている性質だと思いますが、この傾向が強くなると、人間関係が上手くいきにくくなります。

それぞれ詳しく見ていきましょう。

 

・人の評価が気になる

もちろん誰でも、「私は人からどう思われているだろうか」と思いますし、できれば「いい人」と思われたいですよね(*^^*)

しかしこの気持ちが強すぎると、何か不満などがあっても「こんなこと言ったら嫌われるかも」と思い、言えなくなります(;_:)

ママ友のグループで、一緒にいても楽しくないグループだとしても、別行動すると何か言われそうで無理して合わせることもあるでしょう。

仕事でも、例えば休みの日のゴルフに誘われ、行かないと評価が下がりそうで無理して行くこともあるかもしれません。

このように、人からどう思われるかを気にして、自分の行動を決めていると、とても疲れてしまい、人間関係でも悩みやすいでしょう。

 

・NOが言えない

NOが言えない人、多いですよね。

わかります。

急な仕事を頼まれても、自分が少し無理をして残業すればいいだけのこと(;_:)

子どもの学校で、何かの役員を押し付けられても、自分が1年間頑張ればなんとかなるだけのこと。

わざわざ「嫌です」「ダメです」と言って波風を立てなくても、と思ってしまいますよね。

そういうことが少しならまだいいかもしれませんが、次から次へとやってきて、何に対してもNOを言えず引き受けてしまったら、それはストレスがとてもたまるでしょう。

「どうして私は嫌だと言えないんだろう」と自己嫌悪におちいるかもしれません(>_<)

 

・自分の考えに固執している

自分の考えに固執していて、「絶対これが正しい」と思っていれば、ほかの人が違うやり方でするのを見るのは気に入らないでしょう。

こちらの考えが「正しい」のに、どうしてあんな「間違った」やり方でしているんだろうと思ってしまいますね。

また、自分の思いどおりに他人が動いてくれなければイライラするでしょうし、違う考え方の人を受け入れるのは苦痛でしょう(*_*;

周りの人が自分と同じ考え方をしているとは限らず、自分と同じ考えの人の方が少ない場合もあります。

すると、「どうしてみんなは」と不満に思い、人間関係も上手くいかないでしょう。

 

 

《気が楽になる3つの方法》

 

人間関係で悩みやすい人は、どのようにすれば気が楽になって、人間関係もスムーズにいくようになるのでしょうか。

 

・できない奴だと思われてもいいと思う

人の評価が気になる人は、例えば「気の利かない奴だと思われたらどうしよう」「頭の悪い奴だと思われたらどうしよう」と思いますよね。

その考えを「気の利かない奴と思われてもいい」「頭の悪い奴と思われてもいい」に変えてみませんか☆

そう思われようが、思われまいが結局自分は自分なのですから。

しかも他人はあなたが思っているほどあなたのことを気にしていません。

また、人の評価が気になる人は、人から「評価されている」と思っていますよね。

この考え方を少し変えてみて、こちらが人を評価するという視点を持ってみてはいかがでしょうか。

これは「人に対して評価をくだせ」と言っているのではなく、相手と対等になるための一つの手段だと思ってください。

評価されていると思って、気持ちが縮まりそうになったら、視点を変えてみて、こちらから相手を評価してみるということを練習してみましょう。!(^^)!

 

・NOを言うスキルを学ぶ

アサーティブコミュニケーションという方法があります。

これは相手のことを尊重しながらも、自分の言いたいことは伝えるというコミュニケーションスキルです。

スキルですので練習すれば身につきます。

性格とは関係がないのです。

もし、NOと言えない自分を自覚していて、それを変えたいのなら、このようなスキルを学ぶことをおすすめします(*^^*)

今まで「はい」としか言えなかったのに、ちゃんと自分の思っていることを言えるようになると、かなり気も楽になりますし、ストレスも減ってきますよ。

 

・他人に期待しないようにする

イライラするときは「自分の考え方に固執していないか」と自分を振り返ってください。

自分にとっては当たり前でも、他人にとっては当たり前でないことはたくさんあります。

「常識でしょう?」と思うことは、あなたにとっての常識なだけであって、隣のAさんにとっての常識ではないのです。

そのうえで、人に期待しすぎないようにしましょう。

自分と他人は違うのです。

自分ができることが他人にもできるとは限りません。

いろいろな人がいるのだと、広い心を持つようにしましょう。

 

 

今回は、人間関係で悩みやすい人の3つの特徴と、気が楽になる3つの方法をお伝えしました。

この記事を参考にして、人間関係で悩まない工夫をいろいろ試してみてくださいね☆

 

 

 

☆ オンラインカウンセリング Close To You.

☆ 話す(ビデオ・電話)カウンセリング

☆ 書く(メール)カウンセリング 

☆ 性格改善プログラム

 

『好きな場所・好きな時間に相談出来る』

オンラインカウンセリング Close To You.~クロストゥーユー~