Column

コラム

 

 

《うつ病とは?うつ病の症状のセルフチェック~症状や対策について紹介~》

 

「うつ病」という言葉を以前に比べてよく聞きませんか?

それもそのはず、*厚生労働省の調べによると、日本の気分障害患者数は1996年には43.3万人でしたが、2002年には71.1万人、2005年は92.4万人、2008年は104.1万人と患者数がグンと増加しています(*_*;

たぶんみなさんの周りでも、お友達がうつっぽくなったり、職場でも「○○さんがうつで休職した」などという事例があるのではないでしょうか(>_<)

誰がいつ、うつになってもおかしくない時代。

うつ病がどんな病気で、どんな症状があるのか説明し、うつ病になりにくくする生活の方法までお話ししたいと思います。

 

 

《うつ病とはどんな病気?》

 

うつ病とはどんな病気なのでしょうか。誰でも、心配事があったり、不安なことがあったり、イライラしたり、気分が落ち込むことがあるでしょう☆しかし、その程度がひどく、そして継続した場合、うつ病を疑います。

「抑(よく)うつ」とは、強いゆううつのことをいいますが、うつ病は抑うつが2週間以上も続くのが特徴です(>_<)

 

 

《ふつうの「うつ」と「うつ病」の違いは?》

 

「私のこの気分の落ち込みは、ただうつっぽいだけなのかしら、それともうつ病かしら?」と思うこともあるかもしれませんね。

そんなときには以下のように見分けてみましょう☆

 

ただ気分が落ち込んでいる場合は、
・落ち込んだ原因がはっきりしている
・なんとか日常生活のことはこなせる
・友人や家族と話すとちょっと元気になる
・嬉しいことがあれば気分が回復する

 

うつ病の場合は、
・落ち込んだ原因がわからないことが多い
・日常生活を送ることが困難になる
・誰にも会いたくなくなる
・嬉しいことがあっても、嬉しいと感じない

 

うつ病かどうかはこのような違いがあります。

 

 

《うつ病の症状は?》

 

うつ病になったら具体的に、どのような症状が出るのでしょうか。

その症状のでかたは人によって異なります。

基本的な症状としては、何をしても楽しくなく、気分が落ち込み、ゆううつな気分が続くでしょう。

意欲も減退し、何かしようという気持ちも起こらず、自分を責めたり、悲観的になったりと思考がネガティブな方向にいってしまいます。

身体にも症状があらわれ、寝られなくなったり食欲が低下したりするでしょう。

もう少し詳しく症状を見ていきます。

感情面では、好きだったことをしても楽しくなくなります。

不安が急におそってきたり、むなしくなったりするでしょう。

イライラして、怒りっぽくなる人も。

急に涙が出てきたり、生きているのがつらくなったりします(>_<)

意欲面の症状は、何をする気も起きなくなるので、家事や仕事をするのが困難になるでしょう。

外に出るのも面倒になり、身なりにも関心が向かなくなります。

誰にも会いたくないし、話したくなくなるでしょう。

思考面では、考えがまとまらなくなります。

くよくよと思い悩んだり、ひどくなると死にたいとまで思ってしまうかもしれません。

身体面は、頭痛やめまい、便秘や下痢、吐き気、肩こりなどいろいろな不調があらわれます。

なかなか寝付けなかったり、寝てもすぐに目が覚めてしまったり、明け方に目が覚めたあと、寝られなくなったりと睡眠時間の確保が難しくなるでしょう(;_:)

 

 

《うつ症状のセルフチェックをしよう》

 

「もしかして私はうつ病かな?」と思ったら、うつ症状のセルフチェックをしてみてはいかがでしょうか。
インターネットで「うつ病 セルフチェック」と検索すると、さまざまなサイトのセルフチェックのシートが出てきます。どれかを選んで回答してみましょう!(^^)!

セルフチェックをすると自分の状態を客観的に知ることができます。

定期的にチェックして記録していくと、うつになりそうなときに早めにわかるのででおすすめですよ☆

 

 

《うつ病にならないためにはどうしたらいいの?》

 

では、うつ病にならないために日ごろから何に気を付ければいいのでしょうか。

心身の健康を守るためには、規則正しい生活リズムを保つことが大切です。

そのためにできることを説明します。

毎朝きちんと同じ時間に起きることを心がけましょう。

昼夜逆転の生活をすると体内リズムがくるってしまいます。起きる時間と寝る時間を決めておき、起きたらカーテンと窓を開け、朝の光を浴びてくださいね(*^-^*)

3度の食事を規則正しくとりましょう。

バランスよく食べて身体に栄養をいきわたらせます。食事の量にも気をつけて、大量に食べすぎないようにしましょう。

また、甘いものをたくさん食べたり、夜中に食べたりなどの食習慣がある場合、その習慣を見直します。

上質の睡眠を心がけましょう。

ぐっすり寝るために工夫をします。

例えば寝る1~2時間前にお風呂に入る、寝る前にテレビやパソコン、携帯の画面を見ない、寝るときは照明を落とすなどを心がけ、寝る前の準備をしましょう。

また、日中の運動も睡眠の質を上げるために効果的ですので、運動も日常に取り入れてみてはいかがでしょうか。

毎朝きちんと起きて、食事も規則正しくとり、ぐっすり寝て、運動もするという、とても当たり前のことを書きましたが、現代社会ではその当たり前のことをするのがなかなか難しいですよね(>_<)

うつ病は誰でもかかる可能性のある病気です。うつ病かなと思ったら早めに医療機関に相談しましょう。またオンラインカウンセリングでも話しをお聞ききできますので、いつでもお気軽にご相談ください☆

※クロストゥーユーでは通院中の方でもカウンセリングをご利用いただくことは可能ですが、必ず主治医にカウンセリングを利用する旨をお伝えし、許可を受けた上でご利用ください。

 

 

 

☆ オンラインカウンセリング Close To You.

☆ 話す(ビデオ・電話)カウンセリング

☆ 書く(メール)カウンセリング 

☆ 性格改善プログラム

 

『好きな場所・好きな時間に相談出来る』

オンラインカウンセリング Close To You.~クロストゥーユー~