Column

コラム

《認知行動療法とは?認知行動療法カウンセリングのメリット・デメリット》

 

「認知行動療法」という言葉をご存じですか?初めて聞いた方も多いのではないでしょうか。

この方法はお薬を使わずに医師やカウンセラーとのカウンセリングで病状を改善していく方法です。

この方法が、どのような心の症状に効果があり、どのように行われるのかを分かりやすく説明します☆

 

 

《どういう症状に効果がある?》

 

認知行動療法の効果があるとされているのは「うつ病」「パニック障害」「強迫性障害」「摂食障害」などです。

カウンセリングを受けながら、自分の考えや行動を見直し、そのときに出されたホームワークにそって実際の生活の中で実践していきます☆

 

 

《どのように行われるの?》

 

・カウンセリングの回数や時間
認知行動療法を受ける場合、カウンセリングは10回以上回数が必要になることが多いです!(^^)!

一度のカウンセリングの所要時間は30分以上です。

そのカウンセリングで話し合ったことをもとにして、ホームワークが出されます。

・ホームワークの設定
ホームワークといっても、医師やカウンセラーから一方的に出されるわけではなく、ちゃんと相談者さんと話をしてできそうなことを設定します。※ホームワークを出さない場合もあります。

ホームワークでは、カウンセリングで話し合ったことや、教えてもらった方法を相談者さんが日常生活の中で実践してみます。

これをするとカウンセリング以外の時間も治療に使え、また実践したときに上手くいったことや、上手くいかなかったことのフィードバックができますので、効果がより期待できるでしょう。

相談者さんはホームワークをしていきながらカウンセリングを重ねていきます。

そのカウンセリングの中で認知のゆがみを正していきます(*^^*)

 

 

《認知のゆがみとは?》

 

「認知のゆがみ」という聞きなれない言葉が出てきましたね。認知のゆがみとは考え方のかたよりのことです。

考え方のかたよりにもさまざまなパターンがありますが、例えば、「0か100か」でしか考えられないのも認知のゆがみです。

何かの意見を出しているときに、賛成じゃない人がすべて反対意見なのかというと、そうではありませんよね☆

しかし「0か100か」でしか考えられなければ「賛成じゃない人はすべて反対の人」になってしまいます。

悲観的なものの見方も認知のゆがみです。

悲観的な方は何か問題が起こったとき、それほど大きな問題ではなくても「もう終わりだ」と考えがちになってしまいます(>_<)

自己評価が低いこと、最悪なことが自分に起こるだろうと考えることなども考え方のかたよりです。

「でも私はもともとこういう性格だから、直せない(;_:)」と思っている方もいるかもしれませんが、ご安心ください。

ここでは性格を直そうと言っているのではなく、考え方のクセを見返して、修正できるところから修正していきましょうということです。

カウンセラーと一緒に見直していきますので、自分の考え方のクセに気づきやすくなり、修正するためのサポートもたくさんもらえるでしょう☆

 

 

《認知とは?》

 

では、ここで少しだけ「認知」とは何かをお話ししましょう。

まず実際に何かの出来事が起こります。

例えば夕方恋人に「今度の日曜日一緒にランチに行かない?」と、メッセージを送ったとします。

しかし、返事が来ないどころか、夜になっても既読になりません。

ここでの事実は「メッセージの返事が来ない。既読にならない」ということです。

ただそれだけなのですが、悲観的な考え方のクセがある方は「嫌われたのかな?」と思うかもしれません。

ほかにも「私、何か悪いことしたのかな?」と思ったり、「浮気しているんじゃないの?」と疑ったり、「返事が来ないってことは私と別れるってこと?」と決めつけたりするかもしれません。

このように出来事に対する自分の受け止め方が「認知」です。

「恋人から連絡が来なければ、みんなそう思うんじゃないの?」と思う方もいるでしょう。

しかし、認知のゆがみがなければ、マイナスな面ばかりを想像するのではなく、ただメッセージに気づかなかったのかもしれないし、残業していて忙しかったのかもしれないというような、「ほかの可能性」も考えられるのです。

 

 

《認知行動療法でゆがんだ認知を見直します》

 

認知のゆがみが起こっている方は拡大解釈をしたり、妄想したりして事実ではないことを、事実だと思い込みます。そしてその事実ではないことで悲しんだり、落ち込んだり、怒ったりするでしょう。

ですので、認知行動療法によって、その方のゆがんだ認知パターンや感情のパターンを見つけ、ほかの可能性を考えたり認知パターンを見直したりします。

 

 

《認知行動療法のメリット・デメリット》

 

認知行動療法のメリットは、お薬を使わないので副作用がないということがあげられます。

考え方を見直すので、再発の防止にもなるでしょう☆

半面デメリットッとしては即効性がないこと、費用もかかること、また認知行動療法を提供できるところが少ないというところです。

しかし、オンラインカウンセリングだと対面のカウンセリングよりも費用をおさえられます。

また、お住まいの地域で認知行動療法を提供できるところがなくても、インターネットの環境さえあれば、どこからでもカウンセリングを受けられます。

オンラインカウンセリングも治療方法の選択肢の一つに入れてみませんか(*^-^*)

 

 

 

☆ オンラインカウンセリング Close To You.

☆ 話す(ビデオ・電話)カウンセリング

☆ 書く(メール)カウンセリング 

☆ 性格改善プログラム

 

『好きな場所・好きな時間に相談出来る』

オンラインカウンセリング Close To You.~クロストゥーユー~

 
日にち
から予約
メニュー
から予約
カウンセラー
から予約
日にちから予約
メニューから予約
カウンセラーから予約